カードローンとキャッシングの違いって何?

MENU

カードローンとキャッシングの違いって何?比較

近年ではカードの保有率は80%後半の人がもっており、1人3枚持っている人が平均的にいるようです。そこでカードローンとキャッシングの違いって何?と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。どれも年齢や収入など審査が通れば手軽に契約することができ、急な入り用の時にお金を引き出すことができますので最低でも1枚は持っておきたいものです。

 

実際にカードキャッシング利用での使い道での1位は生活費や教育費が足りないとのことで30%の人がその理由で借入をしているようです。また様々な理由としてお金の借入をしている人は多く、なくてはならい存在として生活の一部として利用している方もいるようです。

 

簡単にお金を引き出すことができますので使い方を間違ってしまうと返済が困難となり、債務整理をしなければならない状況となることも十分気をつけなければなりません。しかし返済が可能な範囲で計画的な借入をすることで、重宝でもありますのでカードローン、キャッシングの違いをそれぞれ理解して上手く利用したいものでもあります。

 

少額ならキャッシング利用

 

クレジットカードやキャッシュカードに付帯しているキャッシング機能を使い、引き出せる上限の枠内であればお金を引き出すことができます。消費者金融の窓口やATM、CDから手軽にお金を借りることができる金融商品となっています。キャッシングの主な返済方法としているのが翌月の一括払いとしていますが、残高スライドリボルビング払いで金利が高いのが特徴としています。

 

急な出費が多かったため今月はピンチとしたときに、不足分を補うためにお金を借り次の給料に返済することができるとしています。一括で返済するため金額は大きくなりがちですが、1回で借りたお金と利息を返済でき借金を残さず手軽に利用できる方法でもあります。

 

カードローンで計画的に借入

 

利用方法はほとんど同じでキャッシングとカードローンの大きな違いとすれば、支払い方法が分割払いとしています。借入金額が大きい場合もあり、一括で返済が困難としている方では分割の支払い方法は返済しやすくなっています。しかし利息分の金額も多くなり、返済完了まで長期となり支払う総額が増えてしまうことがデメリットの一つとしています。銀行系のカードローンに消費者金融のカードローン、カード会社などのカードローンがあります。