銀行と消費者金融ってどっちがいいの?

MENU

銀行と消費者金融ってどっちがいいの?比較

何らかの理由でお金の借入を検討したときに、銀行と消費者金融のどちらが良い?気になる人も多いのではないでしょうか。イメージ的には銀行のカードローンを選びたいところでもありますが、審査の通りやすい消費者金融のカードローンを利用する人が多くいるようです。

 

しかしそれぞれを利用するにあたってはどちらともメリット、デメリットがありますので、それらを知ることで生活の一部として上手くお金の借入をすることができるとしています。

 

銀行と消費者金融のカードローンを比較!

銀行カードローンの特徴

  • 総量規制がない
  •  

    銀行法を適用しているため債務者への過剰貸付を防ぐために設けらている総量規制はありません。そのため高額のお金を借りたいという人は、消費者金融では借りれなかったも銀行では借りることができます。また専業主婦においても配偶者の収入があれば融資を受けることができます。

     

  • 金利が低い
  •  

    銀行カードローンの場合は14.5%程で借入できるケースが多く金利が低いとしていることも特徴としています。

     

  • 消費者金融に比べて審査が通りにくい
  •  

    銀行は自社で審査を行わず保証会社に委託するケースが一般的で審査に時間がかかるケースが多いとしています。また消費者金融に比べると審査も厳しいと言われています。

 

消費者金融カードローンのメリット・デメリット

  • 審査が通りやすい
  •  

    銀行ではダメだったのが、消費者金融ではOKだったといった経験がある人も多いのではないでしょうか。しかし金融業者のなかでも審査の基準がまちまちとしているところもあり、1社は審査が通ったが他は落ちたという人もいます。

     

  • 無利息期限を設けているところもある
  •  

    初めて利用の方対象としたサービスで、30日無利息としているところもあります。現在ではアコム、SMBCコンシューマーファイナンス プロミスが実施しています。

     

  • 即日キャッシングができる
  •  

    消費者金融の一番のメリットとしているのが即日キャシングサービスでもあります。審査のスピードが早いため午前中に申込みをすれば、当日にお金を借りることも可能としています。

     

  • 総量規制がある
  •  

    借入の合計金額が年収の合計の3分の1を超えないようにするための規制としており、収入が少ない人では限られた金額しか融資を受けることができません。